Javaプログラミング入門 – Javaプログラミングで必要になるもの

前回では、Javaについて説明を行ったが、この記事では、実際にプログラミングをするにあたって必要になるものについて説明したい。

Javaのプログラミングでは、最低限、以下のものが必要になる。

  • PC
  • テキストエディタ
  • Java Development Kit (JDK)
  • Java Runtime Environment (JRE)

PCについては、説明は不要であろう。というのも、PCがなければテキストエディタもJDKもJREも使えないからである。基本的にはウェブブラウザを見たり、オフィスソフトをそこそこ快適に使えるのであれば、それを利用して構わない。

Javaのプログラミングをする上で、そのためのコードを書かなければならないが、その際にテキストエディタを使う。実はOSにプリインストールされているテキストエディタ1 でも十分にJavaのプログラムは書けるのである。というのも、プログラムを作る際に基になるのがソースコードだが、その実態は特定の書式に従ったテキストファイルであるためである。ただし、OS備え付けのテキストエディタは機能が貧弱であるため、必要であれば自分にあったテキストエディタを選ぶのも良い。

JDK(Java Development Kit)は、Javaの開発ツール群である。基本的にJavaで書かれたコードはコンパイラーとよばれるソースコードから実際に実行できるプログラムに変換するツールを使ってコンパイルをして、はじめて実際に走らせることができるプログラムになる。

JRE(Java Runtime Environment)は、Javaの実行環境である。JavaはPCの中に仮想のマシンを作って、そこで実行させるという形式をとってどの環境でも走るようになっている構造であるため、そのJavaで作られたプログラムを走らせるのに必要となる仮想マシン等のツールが準備されている。

基本的には、Javaでプログラミングするために必要となるのは以上のとおりである。もちろん、これはプログラミングするにあたって最低限必要になるものであるが、最初のうちはこれらでも十分に学習できるものと考えられる。

次回は、Javaのプログラムをするための準備をしていきたい。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
  1. Windowsの場合はメモ帳 []