WWDC 2014はiOSとOSXの新バージョンが発表された

ついにWWDC 2014が開幕、恒例となった最初のキーノートプレゼンでは新しいOSのバージョンとなるiOS 8とOS X “Yosemite”が発表された。

iOS 8では家電操作機能「HomeKit」と健康管理アプリ「Health」が追加される。また、サードパーティーのキーボードがサポートされるようになるという。

OS X YosemiteではなんとMacから電話やメッセージができるようになるという。また、Mavericksでは部分的な変更だったアピアランスのフラットデザイン化がYosemiteでは全面的に変更されるようになる。

開発面ではXcode 6および新しい言語「Swift」が発表された。これまではC/C++/Objective-Cを中心にアプリを作っていたのに加えて、Swiftが加わるということだろうか。よくわからない要素のため、iOS 8向けにアプリを開発するにあたっては要注視といったところか。

なお、今回はMacBook Air RetinaディスプレイモデルやiPhone 6などの発表はなかった。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする