Red Hat Enterprise Linux 7がリリース

北米時間の6月10日、レッドハット社より業務用エンタープライズ/サーバー向けLinuxディストリビューション、Red Hat Linux Enterprise Linux 7(RHEL)がリリースされた。これはコミュニティーベースで開発されているFedoraでの成果を取り込んで、主に企業向けに提供されている。さらにそのソースコードをもとにレッドハット社の商標や商用パッケージなどを取り除いてCentOSやScientific LinuxなどのRHELクローンが提供されている。

RHEL7では以下の変更が挙げられる

  • デフォルトのファイルシステムはxfsに変更 (RHEL6ではext4)
  • カーネルが3.10系に(RHEL6では2.6系)
  • initおよびUpstartの代替としてsystemdを採用
  • ファイヤーウォールサービスにfirewalld追加
  • など

およそ1ヶ月以内にはCentOS 7が、3ヶ月以内にはScientific Linuxがリリースされると考えられる。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする