私が政治的話題をあまりブログに書かない理由

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

私は基本的には政治的に関することはあまりブログに書かない方針をとっている。もっとも、これは当方が政治に関心を持っていないことを意味していないし、実際に選挙では投票に参加している。にもかかわらず、当方が政治的話題をあまり掲載しないようにしている理由を自分なりに書きたい。

当然のことながら、当ブログは政治的話題は専門とはしていない。基本的にはIT関連の話題を中心に行っている。特に政治的話題はかなりデリケートな部分があり、人それぞれの主義主張が異なるのみならず、それが信念に関わってくる問題があり、宗教と並んで非常に扱いに難しいからである。当方の場合はそれを扱うだけの技量及び見識を持っているわけではないため、それで問題を起こすことを避けたいという面がある1

また、単純な政治的な主張を目的としているのか、あるいは差別あるいは攻撃を目的としているのかがしばしば混同してしまいがちになってしまうという問題点もある。これも気を遣っている人とそうではない人の双方がいるが、当方は後者になってしまわないように配慮しているつもりではあるが、それができているかどうかは難しいところである。

上記の関係から、当方はあまり政治的話題を書いていない。とはいえ、もしかしたら政治的話題を扱う可能性がないわけではないし、時によってはそれを扱った内容を書くかもしれない。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
  1. 当然ながら、それを踏まえた上で政治的話題を扱っている人も、政治的話題の扱いにくさを知らずに政治的話題を扱っている人もいるため、扱うか否かも人によって変わってくるが []
スポンサーリンク

フォローする