debian/ubuntuで/bootパーティションがいっぱいになったときの対処法

debianやubuntuを使っているとき、たまに/bootパーティションがいっぱいになってカーネルが正常に新しいものにならない時がある。この原因と対処法について説明をしてみたい。

まず、この問題が発生する原因だが、通常の設定においては、新しいカーネルが出たときは「更新」ではなく、「新規インストール」扱いでインストールされ、複数のバージョンが共存するということによるものである。

これは、最新のカーネルでは正常に動かないという問題は回避できる反面、自動的に古いカーネルが削除されないため、気がつけばbootパーティションがいっぱいになってしまうというものである。

もっとも手っ取り早い対処法は簡単である。ubuntu 16.04以降であれば「sudo apt autoremove」を、debian 8や比較的古いバージョンのubuntuなら「sudo aptitude autoremove」を走らせることで古いバージョンのカーネルが自動的に削除される。また、他にも不要なパッケージも一緒に削除される。

他にもカーネルのバージョンを検索して削除するということも可能である。

こういったトラブルは往々にしてあるが、だいたい原因は推測可能なので、調べて対処したいものである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする