ブログ立ち上げ当初のアクセス数は悲惨だった

今でこそこのブログのアクセス数もそれなりにという状態になっているが、ブログ立ち上げ当初のアクセス数はとにかく悲惨の一言で、1日に数人いれば御の字とすら言えるレベルだった。別のブログでも記事を書いているが、やはり立ち上げはなかなかうまくいかないものである。

ブログでは、最初からたくさんのアクセス数を誇る人がいるが、これは知名度が高いというのが大きい。従って、一般人は完全に無名の状態からスタートしていかなければならないというわけである。

正直なところ、アクセス数を稼ぐ方法を書いているブログは結構あるため、それを参考にするというのはしっかりしたものであればともかく、それをやったからといって効果があるかどうかはわからないのが正直なところである。

ただ、当方の経験則上、アクセス数を増やす分野の記事はあり、それが何なのかを必死になって探っていくという地道かつ泥臭い作業が必要であることはわかった。ましてやスタートアップではとにかく記事を書くのが最優先であるため、なおさらである。

もっとも、最初の段階ではアクセス数を増やすことはあまり考えずに、まずは書きたい記事を書くというのが重要だろう。アクセス数を稼ぐのが目的になってしまうと続かないからである。

個人的には、更新頻度はそれなりにあった方が良いだろう。とはいっても、1日に何本も記事を書くのはプロブロガーでもない限り無理なので、毎日1本書ければ十分ではあるが。

ブログを始める方は、是非ともまずは記事を書くということを楽しむと良いだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL