Windows 10リリースまであとわずかだが

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

7月29日にマイクロソフトよりリリースされるオペレーティングシステム(OS)「Windows」の最新バージョン「Windows 10」だが、個人的には安定性の面で不安を抱えている。さすがにオフィススイート(それも他プラットフォーム向け)で起きた問題とOSとでは同列に語ることはできないが、深刻な不具合を持っている可能性は否定できない。

当方が経験したオフィススイート(Office 2016 for Macのうち、Outlook)で起きた不具合についてはOutlook 2016 for Macの致命的な不具合を参照願いたい。

オフィススイートとOSとでは基本的に別のソフトウェアであるため同列に語ることはできないが、開発姿勢やバグ管理などの体制などで不信感を持たれる可能性もある。

環境によってはWindows 10でも通常の使用に支障をきたすレベルの致命的な不具合を持っている可能性はある。

オフィススイートも業務上極めて重要なソフトだが、OSは全てのソフトを動かすための絶対条件になるソフトウェアであるため、それに致命的な不具合があったとしたら大問題になるだろう。

Windows 10は、Windows 7及びWindows 8.xの一般ユーザーを対象に1年間の無償アップグレードが提供される1 。Windowsの場合、リリース当初の版は不具合が多く、サービスパックあるいはマイナーアップグレードで改善される傾向にあったため、自力で問題に対処できるユーザーでなければ、いまは様子見の方が良いだろう。無償アップグレード期間が切れる前にアップグレードすれば良いのだから。

間もなくリリースされるWindows 10だが、性急なアップグレードは危険だ。リスクを把握して、承知の上で行うことを心がけよう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
  1. 企業向けには提供されない []
スポンサーリンク

フォローする