RHEL 8/CentOS 8備忘録

本項目はRef Hat Enterprise Linux 8やCentOS 8などを利用しているときによく使うコマンドなどを備忘録として掲載している。

コマンド群

パッケージ管理

パッケージをインストールする

sudo dnf install (package name)

パッケージを検索する

dnf search (keyword)

※RHELではサブスクリプションの問題から管理者権限が必要の可能性あり。

パッケージを削除する

sudo dnf remove (package name)

インストールしたパッケージの更新

sudo dnf update

EPELリポジトリを利用可能にする

sudo dnf install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm

CentOSやAmazon Linuxでは以下でも可能。

sudo dnf install epel-release

CodeReady Builderを有効にする

※この項目はRHEL 8のみ可能。CentOS 8では代替としてPowerToolsが使用可能。

sudo dnf config-manager --set-enabled codeready-builder-for-rhel-8-rhui-rpms

PowerToolsを有効にする

※この項目はCentOS 8のみ可能。RHEL 8では代替としてCodeReady Builderが使用可能。

sudo dnf config-manager --set-enabled powertools

サービスなど

サービスを起動する

sudo systemctl start (service name)

サービスを有効化する(OS起動時にサービスを起動するようにする)

sudo systemctl enable (service name)

サービスを再起動する

sudo systemctl restart (service name)

サービスを停止する

sudo systemctl stop (service name)

サービスを無効化する(OS起動時にサービスが起動しないようにする)

sudo systemctl disable (service name)

サービスのステータスを取得する

sudo systemctl status (service name)

サブスクリプションに端末を登録する

※RHEL8のみ可能。CentOSではサブスクリプション自体不要。

sudo subscription-manager register --auto-attach

コメント

タイトルとURLをコピーしました