Windows 10 Homeの値上げ

この記事は1年以上前に掲載されたものです。 情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

パッケージ版「Windows 10 Home」の値上げにショップ困惑の声』(ITmedia)によれば、米マイクロソフト社は11月6日にWindows 10 Homeのパッケージ版およびダウンロード版の参考価格を14,904円から19,008円に引き上げるとのことである。なお、Windows 10 ProおよびDSP版の価格改定はなされない。

これはWindows 10 Homeにおいてパーツとセットで購入することが義務付けられているDSP版よりも安価に設定されていることが背景にあり、それに対する是正措置と考えられる。

現時点ではWindows 7以降であれば無償アップグレードの対象となっているため、マシンスペック的には十分といえるWindows 7マシンについていえば無償アップグレードを使ったほうが安上がりであるほか、かつての主流だったXPマシンについてはマシンスペック的には厳しい部分があり買い替えが主流になりそうなことを考えると、個人的には今回の値上げの意図はよくわからないと考えている。

今回の値上げはユーザー・小売店にとっては迷惑な措置だろうな・・・。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする