iOSでもマルウェアへの警戒は必須

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

XcodeGhostやUnityGhostなど、中華人民共和国(大陸部)でのインターネット検閲が助長を招いた形となった不正ツールが話題となったが、今度はパロアルトネットワークスによって発見、「YiSpecter」と名付けられたマルウェアがiOSのセキュリティー関連で問題となっている。このマルウェアはiOSをターゲットとしたマルウェアとしては今までになかったタイプとのことである。

詳細については『非脱獄iPhoneやiPadにも複数ルートから感染する極悪マルウェア「YiSpecter」が拡散中』(Gigazine)にゆずるが、主に中国語圏ユーザーに影響を与えているという。

今回の件についてはインターネット検閲中国語圏のアプリをインストールしていないユーザーへの影響はそれほど大きなものとはならないとは考えられるが、今後iOSはすでにマルウェアのターゲットになっていることをしっかりと心得たうえで、セキュリティーへの対策は怠らないようにしなければならないだろう。

特にiOSでは仕様上ウィルスチェックは行えないため、JailBreakさえしなければ安心だと慢心せずに1 怪しいアプリはインストールしない、第三者による意図せぬ操作を防ぐといった対策は念入りに行わなければならないだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
  1. 実際問題としてAppleの審査を抜けて不正ツールがリリースされたこともある以上 []
スポンサーリンク

フォローする