Windows 8と古いバージョンのInternet Explorerがサポート終了に

この記事は1年以上前に掲載されたものです。 情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

Microsoftが今日でWindows 8とInternet Explorer旧バージョンのサポートを終了』(TechCrunch Japan)によれば、米国時間の1月12日をもって、Windows 8及びWindows Vista以降のInternet Explorerの最新バージョン以外のバージョンのサポートを終了したとのことである。

上記によって、該当するユーザーは以下の対処をしなければセキュリティー上深刻な問題を引き起こす危険性が高いと言える。

Windows 8を利用しているユーザーはWindows 8.1へのアップデート1 、あるいは10へのアップグレードをする必要がある。

Internet Explorerについては、Windows VistaのユーザーはInternet Explorer 9に2 、Windows 7以降のユーザーはInternet Explorer 11にアップグレードする必要がある。なお、Windows 10にアップグレードした場合はInternet Explorerの代わりにEdgeを使うことも可。

今回のInternet Explorerのサポートポリシーの変更によって、レガシーな環境からモダンな環境への移行を促進するという姿勢が鮮明になった一方、コスト上の理由で古いバージョンを使い続けている利用者にとってはバージョンアップを強いられて、そのコストが嵩む問題がある一方、情報漏洩を引き起こした時の損害はそれ以上に高くつく場合が多く、利用者によっては厳しい面が多いと考えられるだろう。

当方の場合は、アプリ開発などでは基本的に最新バージョンを優先する傾向があるため、今回のように古いバージョンのサポート打ち切りはそれほど気にしていないのだが・・・。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
  1. Windows 8.1はWindows 7までのサービスパック1に相当する []
  2. Windows VistaではIE10以降は使えない []
スポンサーリンク

フォローする