最近はウェブ上でプログラミングできるようになった

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

最近は簡単なプログラムを作って動作検証をするだけなら誰でもウェブ上でプログラミングができるようになった。私もpaiza.ioを利用しているが、簡単にチェックするだけなら、かなり便利である。

上記のようなウェブ上でプログラミングを行って、動作チェックをするというだけでも、Unix系なら最近のディストリビューションではプリインストール、あるいはコンパイラーをパッケージ管理ツール経由でインストールして使うということができるが、Windows系についてはVisual Studioをインストールするか、サードパーティーのコンパイラーあるいはインタプリターなどを自分でインストールした上で環境変数の修正などが必要で面倒だった。

しかしながら、上記のようなウェブ上でプログラミングできるシステムの登場により、プログラミングの学習程度であればわざわざ環境を構築しなくても、チェックできるようになったという意味ではかなりプログラミングの学習がしやすくなったと言える。

便利な世の中になったものだ。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする