iPhone SEが発表された

この記事は1年以上前に掲載されたものです。 情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

3月22日に、米アップル社より「iPhone SE」が発表された。これはiPhone 5s以来の4インチRetinaディスプレイモデルのiPhoneで、サイズから着目すれば事実上iPhone 5sの後継モデルに当たる。

筐体デザインはローズゴールドが追加されたということを除けば完全にiPhone 5sまんまであり、iPhone 5sユーザーであればケースをそのまま流用可能のようである。その点では外見上それほど真新しいところはなさそうに見える。

一方、内部的にはiPhone 6sシリーズにかなり近づいており、性能面ではiPhone 6sシリーズとほぼ同等レベルにまで向上した。それでもなお、Touch IDが第1世代のままになっていること、3D Touch未対応など、iPhone 5sの要素もかなり引き継いでいることが伺える。

なお、iPhone SEは、これまでのiPhone 6系以降のモデルが大きすぎる、あるいは高価すぎる、もしくはiPhone 5系のケースをそのまま使いたいと考えている利用者が中心になりそうである。

かつてはデザイン面でiPhone 6系に近いものになるという噂もあったが、これについては消滅した模様である。それを残念がる利用者もいそうだが、ケースの流用可否を考えると、むしろ今回のようにデザインの変更なしの方が好都合だったりするものである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする