クリスマス期間中に日比谷線の新型車両特別運行

日比谷線新型車両13000系を3日間限定で特別運行します!』(東京メトロ)によれば、12月23日〜25日に渡って、日比谷線の新型車両13000系の特別運行を実施するという。区間は南千住〜霞ヶ関間である。

東京メトロ13000系は、現行の03系の後継にあたる車両で、将来的には日比谷線のメインとなる車両になると見込まれている。

大きな変更点としては、20m4ドア7両編成と大きく変わったことである。03系までは、日比谷線は車両限界の関係から18m3ドア8両編成(一部編成は前後2両ずつが5ドアの車両あり、また、初期は短い編成もあった)だったが、標識の位置変更など小規模な工事のみで全区間にわたって20mの車両の乗り入れが可能と判断されたことによるという。

これによって、今日東武スカイツリーラインで主流となっている車両とドアの位置が統一されることによって、ホームドアの設置が可能になり、プラットホームからの転落事故の軽減が見込まれると言える。

このほか、操舵台車の採用、3画面のモニター、優先席・フリースペースの表示など、外装・内装も変化が見られるという。

わずか3日間、かつ一部区間のみの特別運行であるため、一足先に乗ってみたいという方は、ぜひこの機会に乗ってみてはいかがだろうか?

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする