rbenvをインストールする

rbenvは、複数のバージョンのrubyをインストールできるだけでなく、ディレクトリーごとにrubyのバージョンを切り替えることができるといったかなり便利な機能を兼ねそろえたruby管理ツールである。debやrpmなどのパッケージ管理ツールからは独立しているという部分もあって、その点での違和感はあるものの、是非とも使いこなしていきたい。さて、今回は通常のインストール方法について説明したい。

rbenvをインストールする

macOSの場合

macOSの場合は、Homebrewを使うことで、かなり簡単にインストールすることができる。ここではHomebrewはすでにインストールしているということを前提として扱う。もしインストールしていない場合は、Homebrewをインストールするか、UNIXシステム系の場合を参考にしてインストールすることで対応可能である。

UNIXシステム系の場合

GNU/Linuxシステム、BSD系を含めたUNIXシステム系の場合は、少々面倒な工程が必要になる。とはいえ、基本的にはコマンドを使うことによってかなり簡単に行うということはできるのだが。

インストールが完了したら、rubyのインストールに進む。

rubyをインストールする

rbenvのインストールが完了したら、rubyのインストールに進む。これもコマンドで行える。まずは、rbenv install --listでバージョンの一覧が出力されるので、インストールしたいバージョンを探す。なお、コマンドライン環境によっては表示できるものが限られるので、rbenv install --list | lessとしても良いだろう。

バージョンを見つけたら、インストールする。例えば、ruby 2.3.3をインストールしたい場合は、rbenv install 2.3.3でインストールできる。

インストールが完了したら、rbenv global 2.3.3で通常はruby 2.3.3を使うようになる。

他のコマンド

なお、rbenvでは他にも以下のコマンドがある

  • local – 現在のディレクトリーに使うrubyのバージョンを指定する
  • uninstall – 指定したバージョンのrubyを削除する
  • versions – 現在インストールしているrubyのバージョンを表示する

最後に

rbenvは非常に便利なので、是非とも使いこなしていきたいところである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。