ソフト404は結構迷惑

ウェブサーフィンをしている時に必ずといっていいほど見かける404エラー。しかしながら、これが時折落とし穴になる時がある。特にソフト404エラーはかなり問題になる時がある。

404エラーとは、指定されたファイルやリソースなどが見つからなかった時に返すエラーである。これは、HTTPのステータスコードのレベルで確認できる。当然ながら、エラーページも表示される場合が多い。

一方、ソフト404エラーは実際にはファイルが見つからないのに、ステータスコードが200となる場合である。これはシステム面では問題で、検索エンジンなどにとってはクロール結果がおかしくなってしまう場合がある。

これは、ウェブサイト運営上あまり望ましくないことであるため、使用しているHTTPサーバーやウェブアプリの設定が適切かどうか確認した方が良いだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする