そう言えば昔のMacintoshのキーボードでファンクションキーのないのがあったような

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

昨年登場したTouch Bar付きMacBook Proシリーズではファンクションキーの代わりにTouchBarが搭載されることになったが、昔のMacintoshにはファンクションキーがなかったものもあったような記憶がある。

Apple Keyboard Collectionのページを見て、初代のMacintoshやApple II GSのキーボードなど、古いMacintoshで使われていたキーボードについては、ファンクションキーが搭載されていないものが少なくなかった。

一方で、1987年より発売されたApple Extended Keyboardシリーズなどでファンクションキーが搭載されているモデルもあるようで、1990年代まではファンクションキーのないものとあるものが存在していたようだが、後半あたりからはファンクションキー付きが主流になっていたということなのだろうか?

とは言え、今日でもMacにおいてはファンクションキーをそのまま使うということがそれほどあるというわけではないこと(ファンクションキーとしてというよりは、明るさや音量を調節する機能として使われている)を考えると、TouchBarへ置き換えられるのはある意味では自然なのかもしれない。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする