Windows 10 Sが登場とのこと

米国時間の5月2日、マイクロソフト社はWindows 10の教育機関向けエディション「Windows 10 S」を発表した。これはWindows 10の教育機関向け機能制限版に当たる。

Windows 10 Sは、教育機関向けに、Windows Storeアプリのみ動作可能、Windows Storeアプリのインストールも教師の承認を必要とするといったように、教育機関向けのチューニングがなされているという。

Windows 10 Sは同日発表されたSurface Laptopなどに搭載されるとのこと、また、他メーカーからもWindows 10 Sを搭載したPCを発売するとのことである。

なお、Windows 10 SはWindows 10 Proへのアップグレードも教育機関なら無償で、それ以外の一般利用者は有償でWindows 10 Proにアップグレードすることもできる1 。これによって機能制限を解除したい場合でも問題なく利用できる。

Windows 10 Sの登場によって、真新しいことがあるというわけではないが、教育関係者にとっては比較的安価にWindows PCを購入できる機会が増えたということは言えそうではある。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
  1. 機能の関係から、Windows 10 Homeへのアップグレードはできない []
スポンサーリンク

フォローする