Swiftのguard構文を使う

SwiftのfatalErrorとはでほんの少しだけguard構文に触れていたが、しっかりとしたguard構文の説明を行なっていなかったので、今回はその説明をしたい。

guard構文は、その条件式がfalseの時に、異常系として処理を抜けるために使われる構文である。構文は以下の通りである。

基本的にはif文医による実装での代替が可能であるが、多くの場合は以下の時に使われる。

  • Optional型の変数を安全にアンラップする時
  • Anyなどの汎用型の変数を安全に指定した型にキャストする時
  • 処理等を行った時のエラーチェックを行う時

例えば、Optional型の変数を安全にアンラップする場合は以下が考えられる。

上記の場合は、URL型を初期化する時を想定しているが、URL型は通常はOptional型になるので、安全にアンラップする場合は上記のように行う。

他にも、guard構文の書き方のパターンはあるが、また後ほど説明したい。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする