AMPに対応してみた

当ブログは、先週あたりから暫定的ながらAccelerated Mobile Pages(AMP)に対応しており、スマートフォンにおけるGoogle検索などにおいては、通常版のページの代わりにAMP版のページが表示されるようになっている。

Accelerated Mobile Pages(AMP)とは、Google及びTwitterが共同で立ち上げているスマートフォンなどのモバイル端末で高速で表示するためのプロジェクトで、そのフレームワークである。

AMPに対応したページでは、GoogleなどAMPに対応した検索エンジンでは、通常のウェブページよりもかなり高速にページを表示することができるようになるという利点がある。これによって、ユーザーのストレス軽減につながることが期待される。

一方で、デザインが正常に表示されない場合がある、一部のJavaScriptしか使えないといったような制約もあるため、使いこなすのはなかなか難しい面もある。

なお、WordPressではプラグインで対応させることができる。場合によっては修正が必要な場合があるだろう。

まだ前途多難なAMP対応だが、少しずつ修正していきたい。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする