iOSでも純正のファイルマネージャーが出るみたいだが

iOS 11ではついに、純正のファイルマネージャー「Files」が登場、サードパーティーのアプリをインストールしていなくてもファイル管理ができるようになるとのことである。PC/Mac用のOSのほぼすべてやAmdroidの6.0 Marshmallow以降では標準でファイルマネージャーが備えられているが、随分遅い登場であるという印象である。

iOS 11ではiPadに顕著なものの見た目上の挙動がmacOSのものを取り入れられているという。それにはFilesとDockが大きく影響しているという。

さて、このFilesだが、macOSのファイルマネージャー「Finder」に相当するもので、端末内のデータやiCloudをはじめとした各種クラウドサービスのファイルを管理できるとのことである。ただし、安全上の問題からシステムファイルにはアクセスできないようになっているものと考えられる。

iOSは、最初のうちは電話とインターネット、メール、音楽視聴しか使えなかったイメージだが、サードパーティーのアプリが登場するようになってから、だいぶ自由度が高まり、どんなことができるのだろうかという革新のチャンスも増えつつある。また、ファイル管理は使い方にもよるが、地味に必要な機能なので、それが純正で使えるというのはようやくきたかという印象がある。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 情報ありがとうございます!( ´ ▽ ` )ノ
    ちなみに上記の方法と大体同じような情報が別のサイトで見つかりました。
    一応そのページを貼り付けます
    https://www.fonepaw.jp/tutorials/ios-device-files-manager.html