Swift Package Managerを触ってみたけれど・・・

色々あって、Swift Package Managerを触ってみたのだが、思ったよりも不親切な部分があり、CocoaPodsやCarthageと共存させるのは難しそうな感じだった。

Swift Package ManagerはSwiftアプリ開発用のパッケージ管理ツールだが、先行するCocoaPodsやCarthageとは違い、サードパーティではないパッケージ管理ツール、かつ非macOSでも使用可能というのが大きな違いとのことで、サーバーサイドで使われる可能性があるという。

ということもあってか、CocoaPodsとCarthageは、まずプロジェクトを作ってからそれぞれ使用するパッケージを定義、インストールするという手順で、それぞれが競合しないようになっている。

一方で、Swift Package Managerは、基本的にコマンドラインで初期化、インストールするパッケージを定義して、必要なパッケージをインストールしてからプロジェクトを作成というフローになっているようで、CocoaPodsやCarthageと併用するのはかなり厳しそうである。

こういうこともあり、macOSアプリやiOSアプリなどのように、GUIかつAppleのOSに特化したものを開発する場合には分が悪い部分があるため、引き続きCocoaPodsやCarthageを使ったほうがよさそうだ。Swift Package Managerが力を発揮するのはクロスプラットフォームの方のようだから。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL