iPhone 8とiPhone Xが発表された

2017年9月2日(米国時間)より行われているアップルのイベントで、最新モデルのiPhoneが発表された。今回はiPhone 7シリーズの発展形と言えるiPhone 8シリーズと、プレミアムモデルに位置すると考えられるiPhone Xの両方が発表された。

iPhone 8シリーズは、iPhone 7シリーズの発展形と言えるものとなっており、4.7インチディスプレイのiPhone 8及び5.5インチディスプレイのiPhone 8 Plusの二本立てとなっている。iPhone 7からの大きな違いは、筐体がガラスベースのものに変更されたことと、ワイヤレス充電に対応したということが大きい。また、カメラとプロセッサも変更されており、性能も向上しているようである。

iPhone Xは、プレミアムなモデルという位置付けであり、これまでのiPhoneでなかった要素がかなり盛り込まれている。筐体の表面をほぼ全て覆う「Super Retina HDディスプレイ」で、5.8インチのOLEDディスプレイとのことである。これにより、ホームボタン廃止、Touch IDも犠牲になったものの代わりに、顔認証「Face ID」が追加、ホームボタンの操作も他のジェスチャーで代替されているとのことである。

iPhone 8は9月15日予約開始・9月22日発売、iPhone Xは10月27日に予約開始・11月3日に発売とのことである。

開発面では、iPhone Xで画面レイアウト等がどういうふうになっていくのか、あるいは操作系がどうなるのかが気になるところである。iPhone 8シリーズについては、iPhone 7とそこまで大きく変わるわけではないと考えられることから、そこまでは気にする必要はなさそうだが。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL