不具合を報告するときに気をつけるべきこと

アプリを使っているとき、しばしばバグをはじめとした不具合に悩まされるときがある。その時、アプリを使うのをやめるか、そのまま使うか、修正要望を出すといった選択がありうる。不具合を報告するときは、気をつけるべきこと押さえておくと修正されやすくなるだろう。

その気をつけるべきことは、以下をなるべく具体的に説明することである。

  • 何をしたら不具合が発生するのか
  • どのタイミングで発生するのか
  • どういう不具合が発生するのか
  • 不具合が発生した時は何が表示されるのか
  • どれくらいの頻度で発生するのか
  • 使っている環境は何か

上記のことは、開発側が不具合の原因を特定するのに必要となる情報であり、それが具体的であるほど再現しやすくなると言える。

不具合を直すのも人であるので、それが少しでも特定しやすいように、不具合を報告する際はピンポイントに説明すると良いだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL