2020年、Windows 7等サポート終了へ

もし、Windows 7を使い続けているなら、なるべく早いうちにWindows 10への移行を行っておいたほうが良い。2020年はじめにはWindows 7の延長サポートフェーズも終了、セキュリティー上危険な状態になるのだから。

Road to 2020』(日本マイクロソフト)によれば、2020年1月14日にWindows 7、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2が、10月13日にはMicrosoft Office 2010の延長サポートが終了する。延長サポートフェーズでは新機能の追加は行われず、セキュリティー関連ので更新プログラムの配布は行われるものの、延長サポート終了後は完全にサポートが終了する。

延長サポート終了後も使い続けた場合、万一セキュリティー関連の脆弱性が発見された場合でも、修正プログラムが配布されることはないため、極めて危険な状態に晒される。したがって、今の残り2年と少し残っている状態からWindows 10とOffice 365への移行を行った方が良いだろう。

Windows 10およびOffice 365では、従来のバージョン固定のアップデート方針から、ライセンスが有効で、ハードウェアがサポートしている限り、(少なくともリリースポリシーが変わらない限り)常に最新版にアップデートすることができるという大きな利点がある。

移行コストの観点からどうしても踏み切れない企業も少なくないが、サポート終了でセキュリティー上危険な状態で使い続けた結果、アクシデントになってからでは遅いので、ここは移行に踏み切るのが得策であると考える。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする