Coincheck不正流出事件が起きているが

仮想通貨取引所「Coincheck」において、ビットコインに対するアルトコインの一つである「NEM」がわずかな時間で不正に引き出されて、580億円に相当する多大な被害が出た事件が発生、仮想通貨において大きな陰を落とした事件となっている。

この事件では、少なくとも2018年1月26日の未明からCoincheckのアドレスから不正送金が行われていて、早朝に完了していた。Coincheckがこれに気づいたのはおおよそ正午とのことである。

これに対する補償方針は28日に発表されているが、具体的な時期や方法については明らかになっていない。これに加え、日本円含めて全ての通貨の取引が停止状態となり、再開のめどがたっていないという。

当方はCoincheckは使っているが、NEMは使っていなかったこと、入金もポケットマネーだったため、影響は軽微だったが、やはり大迷惑な話ではある。今後のポートフォリオを見直す必要がありそうだ。

いずれにしろ、原因究明と再発防止に努め、さらなる被害が出ないようにしていかなければならない。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする