モバイルSuicaも使い勝手がわかってきた

iPhone 8に切り替えて少しした頃からSuicaをiPhoneで使うようにしてから数ヶ月、最初は戸惑いはあったものの、今ではだいぶ使い勝手が分かってきて、こっちの方が便利のように考える時もある。

iPhoneでのSuica対応は、iPhone 7では日本版のみ、本格対応はiPhone 8からであり、従来のガラケーやAndroid端末と比べてもかなり遅い。それでもSuicaへの対応には日本市場での需要が多かったことがうかがえる。

さて、iPhoneでSuicaを使う場合は、Apple Payの機能とモバイルSuicaアプリを使うことになる。iPhoneの設定アプリでは既存のSuicaからの取り込みのみに対応、新規発行はモバイルSuicaアプリで可能である。

なお、SuicaをiPhoneに移した場合は、チャージや定期券・グリーン券購入などを券売機で行えなくなる。代わりにアプリを使えばグリーン券や定期券等は購入可能、チャージもアプリまたはSuica対応レジで行える。Suicaのチャージをレジで行えるのは変わらないが、アプリを使ってチャージできるのはかなり便利だろう。

iPhoneのSuicaで使い勝手が変わる部分があり最初は戸惑うが、慣れて使いこなせるようになれば、かなり使い勝手が良いものになるだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする