Mac版の公式Twitterアプリが配信終了

Twitter Supportによれば、2018年2月17日(日本時間)に、Twitter for Macの配信を終了、サポートも30日後に終了するとのことである。

これによって、すでにMac AppStoreではアプリが削除されており、ユーザーはダウンロード・インストールは不可能になっている。

なお、Twitter for Macのアップデート頻度は近年ではかなり下がっており、ユーザーアイコンが現行のウェブ版およびスマートフォンアプリ版の円形ではなく、以前の角丸のままになっているなど、かなりアップデートが遅れていたことがうかがえる。

公式のTwitterアプリとしては、他にもTweetDeckが出ているが、こちらも2015年7月14日を最後にアップデートが行われていない、ただし、TweetDeckについては、ウェブビューを使っているためか、それほど大きな問題になっていないようである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする