Googleドキュメントは使わないと損

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

近年、当方は資料を作る時はGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートがメインとなっており、あまりWordやExcelを使わなくなった。それくらいGoogleドキュメントなどが使いやすくて強力だということである。

GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートは、WordやExcelとは違い、ウェブアプリであり、利用する際にMicrosoft Officeをインストールする必要はない。Googleアカウントさえあれば気軽に使えるのが特徴である。

ウェブアプリの特性上、データはウェブ上に保存されるため、万一PCがクラッシュしても、データが無事な場合が殆どである。さらにデフォルトで履歴管理が行われるため、万一データを壊してしまってもロールバックで復旧させることもできる。

また、企業などにおいては、かなり容易に共同で編集できるという強い利点もあり、この恩恵を利用しないというのはかなりもったいないと言える。

最近はMicrosoft OfficeでもGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなどを意識したのか、共同で編集できる機能や自動保存機能などが追加されているそうだが、特性の違いからか、必ずしも使えるというわけではないそうで、Googleのに比べると見落としてしまう。

GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートはウェブアプリという関係からドキュメント作成機能はMicrosoft Officeには届かないものの、必要十分の機能は揃っているので、是非とも使えるようにした方が良いだろう。

スポンサーリンク

フォローする