Windows on Snapdragonが3月発売へ

Snapdragon上で動くWindows、「Windows on Snapdragon」が、2018年3月に初登場するとのことである。

Windows on Snapdragonは、マイクロソフトとクアルコムが共同で開発した、クアルコム社のCPUであるSnapdragonと、マイクロソフトのOSであるWindowsが動作するデバイスのことで、HPとASUSがローンチパートナーとなっていた。

Windows on Snapdragonはある意味ではWindows RTの後継にあたる。

Windows RTは、Windowsにおいては初めてデスクトップベースのOSをARMアーキテクチャーに移植したOSだがであるが、動作できるアプリがほぼWindowsストアアプリに制約されるなどの問題で失敗に終わったが。

一方で、Windows on Snapdragonではx86のコードをエミュレーションで動作させることができるとのことで、制約が緩和されるそうである。

Windows on Snapdragonの登場で、今後のWindowsをめぐる環境はどのようになるのだろうか。気になるところである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする