RubyとPythonを学習する – 計算を行う

RubyとPythonを学習する – はじめてのプログラミングでは、「Hello,world」を表示するプログラムを作った。今回は、RubyとPythonで簡単な計算を行うプログラムを作ってみたい。

加減乗除と計算のルール

プログラミング言語における加減乗除のルールは、一部の例外を除き、どの言語でも統一されている。したがって、もし以下の記事を読んでいるのであれば、基本的にはそれに従うということで問題ない。

上記の記事をおさらいすると、以下のようになる。

計算記号

算数・数学における計算記号 Ruby・Pythonにおける計算記号
+
× *
÷ /1

計算のルール

  • 計算の優先度は乗算・除算が優先度が高く、その計算が終わった後に加算・減算がおこなわれる。
  • ただし、カッコが含まれていた場合は、カッコの中の計算を先に行う。
  • Rubyにおいては、整数同士の計算で除算時に整数に割り切れない場合、小数点以下は切り捨てられる。
  • Python 3においては、「/」での除算の場合は、整数に割り切れない場合は小数点数になる。小数点以下を切り捨てる場合は「//」とする。

サンプルコードおよび結果

Ruby

出力結果 (Ruby)

Python 3

※ 除算時に整数で割り切れない場合は小数点数にする場合。Rubyと同様の結果にする場合は、「/」を「//」に置き換える。

出力結果 (Python 3)

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

  1. ただし、Python 3においては、「/」で除算を行った場合は、整数で割り切れない場合は小数点数となる。整数とする場合は「//」となる。 []