iPhone 11シリーズ登場で思うこと

アップルは、2019年9月20日にiPhoneシリーズの最新版にあたる「iPhone 11」、「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Max」を発売した。これは、「iPhone XR」および「iPhone Xs」シリーズの後継にあたる。

さて、今回のiPhone 11シリーズでは、iPhone XrおよびiPhone Xsシリーズをベースに、CPUのアップデート、超広角レンズの搭載といった機能の追加・アップデートが行なわれている。これによって、iPhone 11では2カメラ、11 Pro/11 Pro Maxは3カメラ構成となっている。

一方で、iPhone 11以降ではすべてのモデルで3D Touchが廃止され、iPhone Xrで搭載されたHaptic Touchに移行した。これを想定してか、iOS 13では3D Touchに依存しない挙動に変更されている箇所が多く、3D Touchでは強いタッチで行っていた挙動の多数が長押しで再現できるようになった。

全体的にはiPhone 11はiPhone X登場時のインパクトに乏しい印象があり、3D Touchの廃止も考えると全体的にはXrの後継という印象があるが、製造コストと扱いづらさなどを考えるとやむを得ないことなのだろう。

スポンサーリンク

フォローする