iOS/macOSアプリ開発でツール・ライブラリのインストールスクリプトを作ってみた

iOSアプリ開発ではしばしばCocoaPodsやCarthageだけでなく、場合によってはRubyGemsやNPMなどのパッケージを使うことも往々にしてある。しかしながら、これらをいちいちコマンドで処理をしては地味に面倒だし、かなり面倒な時もある。シェルスクリプトなどを作って一つにまとめればそれを実行するだけで準備完了になるなら、是非ともスクリプトを使った方が良いだろう。そこで、そのためのシェルスクリプトを作ってみた。

bootstrap.shは、iOS/macOSアプリのプロジェクト用にRubyGems Bundler、CocoaPods、Carthage、NPMのパッケージを識別して、必要に応じてインストールするためのシェルスクリプトである。このスクリプトファイルでは、RubyGems BundlerはGemfile、CocoaPodsはPodfile、CarthageならCartfile、NPMならpackage.jsonの有無を確認して、なければスキップ、あればそれぞれのパッケージ管理ツールがインストールされているかを確認した上でインストールするように組んでいる(パッケージ管理ツール未インストールならばエラーを出して終了させている)。

このスクリプトファイルをXcode Projectのある場所に保存し、chmod +x bootstrap.shなどで実行権限を加えれば、ダブルクリックだけでパッケージをインストールすることもできるようになる。

なお、シェルスクリプトなので、必要に応じて修正を加えることでRubyGemsは不要だったり、iOSアプリ開発に特化させたりといったカスタマイズも可能なので、もしよろしければ是非ともご利用にあってくださればと考えている。

スポンサーリンク

フォローする