ワイヤレスヘッドフォンは初期不良に当たりやすいのか

これまで自身が購入したワイヤレスヘッドホンは2個なのだが、そのどちらも初期不良だったのか、サポートに問い合わせて対応してもらったという面倒なことになってしまったという経験がある。私が不良品に当たりやすかっただけなのか、ワイヤレスヘッドフォン自体初期不良になりやすいのか不可解な状態にある。

1個目はAudio Technica ATH-50BT、2個目はAVIOT TE-D01mだったが、どちらも購入直後は正常に動かないという状態であり、サポートに問い合わせて交換してもらってから使えるようになったという状態にある。

ATH-50BTにおいてはBluetoothが機能せず、なおかつ充電不能、3.5mmプラグで接続した状態では動くことから有線のヘッドフォンとしてのみ使える状態だった。TE-D01mはワイヤレスイヤホンのため、有線での接続ということ自体がありえない状態であり、使用不可能の状態だった。

どちらの場合でも購入直後に試しにチェックしてみて不具合を確認した段階で問い合わせを行い、発生状況を説明していたことでおおよそ1週間弱で問題が解消したが、購入した段階では発生してほしくないことであったため、少々気が滅入ってしまった。

それにしても、ワイヤレスヘッドフォンは何らかの理由で初期不良あるいはそれに近いものが発生しやすいものなのだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました