ポストスマホの時代は来るのか

2007年にiPhoneが発売、翌年にはAndroidが登場して、熾烈なシェア争いを続けながらスマートフォンが普及、さらにスマートフォンをベースにパソコンに匹敵する画面領域を確保したタブレットが登場したが、その後の時代は来るのだろうか考えてみたい。

個人的にはポストスマホの時代が来るのは最低でも10年先、もしかしたら永遠に来ることはないかもしれないと考えている。

まず、コンピューターのプラットホームとしての利便性という面で非常に優れたという側面が大きい。スマートフォンが登場する前は、パソコンとフィーチャーフォンが主に使われていたが、パソコンは自由にアプリをインストールして機能を追加できるが、使用するには最低限座れる座れるスペースが必要だった。逆にフィーチャーフォンは基本的にはどこでも使用可能だが、アプリを自由にインストールするのはほぼ不可能だったという問題点があった。スマートフォンは双方の利点を兼ね揃え、かつ問題点を解決したデバイスとなっているため、広く普及したといえる。

なお、幾つかのメーカーからポストスマホの地位を狙うために眼鏡端末や腕時計といったウェアラブル端末を開発していると往々にしていわれているが、実際にはこれらはあくまでスマートフォンと連携して補助的なサービスを提供しているに過ぎない1

スマートフォンはすでに多くの機能をこなせる概ね万能なデバイスとなっている現状の中、スマートフォンを超えた革新的で利用者にとって魅力的なものが登場しない限り、スマートフォンの地位は安泰といえるだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
  1. 現実にApple Watchでは比較的新しい世代のiPhoneがないと利用できない []
スポンサーリンク

フォローする