ライブラリーにSwiftは使えない

この記事は1年以上前に掲載されたものです。 情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

Xcode 6で鳴り物入りで登場、Xcode 7でも改良が加えられているSwiftだが、それを使って開発が可能なのはアプリまたはフレームワークであり、ライブラリー開発には使えない。

実際に、Swiftコードが含まれている状態でビルドしようとすると、以下のエラーが発生して失敗する。

そのため、ライブラリー開発を行いたい場合はObjective-Cを使うか、どうしてもSwiftで開発を行いたい場合はFrameworkとして開発を行うのが賢明な判断だろうか。

なお、SwiftではC言語の機能をフルに使うには制約が厳しいことと、C++の機能は直接は使えないため、効率良く使うにはObjective-Cが必要になることは念頭に入れたほうが良い。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする