コマンドプロンプトの先行入力は地味に便利

この記事は1年以上前に掲載されたものです。 情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

少なくともWindows 10ではコマンドプロンプトにおいて、前のコマンドの処理が完了していなくても次のコマンドを先行して入力することができるようになったが、これが地味に便利である。

何を今更感があるが、(PowerShellについては知らないが)Windows 7のコマンドプロンプトでは先行入力ができず、次のコマンドを入れるには処理が完了するまで待つ必要があったが、10では次にやりたいことが決まっていて、不測の事態が起こり得ない時はどんどんコマンドを入れて効率よく作業ができるようになったのである。

もっとも、これはOS Xや近年のUnix系のシェルではすでに採用されている機能であり、個人的には「おっそーい!」と言いたくなるものだったが・・・。あとは、Unix系のシェルとは違って、入力したキーが表示されないのは少々不親切ではあるが・・・。

とはいえ、CLI環境が改善されたのは喜ばしいことである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする