WDDC 2016でMacBookが発表される?

この記事は1年以上前に掲載されたものです。 情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

これは、およそ3か月後の話になるのだが、WDDC 2016で新型のMacBookが発表されるという噂がなされている。『超薄型な13インチと15インチMacBookが今年6〜7月までに登場?』(ギズモード・ジャパン)では超薄型モデルの13/15インチのMacBookが登場するのではという情報が出ている。

これはあくまで当方の推測ないし希望となるのだが、個人的には現状のMacBook AirシリーズとMacBookシリーズは統合される可能性が高いものと見ている。というのは、現時点のコンセプトにおいて、MacBookシリーズとMacBook Airシリーズはかなり似通っている部分があり、ラインアップの最適化を図るといった場合、コンセプトの似ている両方を統合した方が良さそうに見えるからである。

一方、MacBook Proシリーズはこれらとは違い、薄さよりも性能を重視するコンセプトになっているため、2016年に統合されることはまずないだろう。

なお、MacBook Proシリーズでは、Skylakeアーキテクチャーの採用がなされるという噂がある。SkylakeアーキテクチャーはIntel Coreシリーズの2016年3月現在では最新世代の世代にあたり、これまでとの大きな違いとして、モバイル版で初めてXeonが登場したということでも知られる。XeonではCoreシリーズとは違ってECCメモリー1 が使えるため、プロフェッショナル用途においても信頼性も高まるといわれている。

WWDC 2016で実際に新型Macが発表されるかどうかは不明瞭だが、是非とも気になるところである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
  1. Error Check and Correct memory – 誤り訂正機能のついたメモリー。冗長なデータを必要とするものの、エラー訂正によりデータの誤りがあっても訂正して動作を続けられるようになる []
スポンサーリンク

フォローする