Xamarinでアプリ開発中

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

現在、趣味の範疇ではあるのだが、Xamarinを使ってアプリを開発している。現在は本格的なアプリではなく、簡単なタイムシートを作るためのアプリを作っているのだが、時間を見計らいながら作っていかなければならないのが少々難しいところ。

さて、Xamarinでアプリを開発することにした理由なのだが、昨今のマイクロソフトによるXamarin買収により、個人レベルあるいはオープンソース開発者に限って言えば、Xamarinを使用するにあたってのハードルが大幅に下がったことで、今後、需要が高まる可能性があると読んだからである。

Xamarinは.NET Frameworkの実装系の一つであるMono Frameworkをベースに作られたフレームワークで、マイクロソフトでは主にWindowsアプリ、Androidアプリ、iOSアプリを動作させることを想定している模様である。このフレームワークはUnityにも使われているため、Unityアプリを開発する際にも応用が効く可能性がある。

現在、ソースコードはGitHubにあげているものの完全に未完成な状態であるが、Xamarinの使い方において参考になればと考えている。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする