日本語キーボードと英語キーボードの記号の配列の違いが意外とキツイ

この記事は1年以上前に掲載されたものです。 情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

私の場合、Macと職場のPCがJIS配列のキーボード、自宅のデスクトップがUS配列のキーボードを使っているが、これはどちらかに偏っていると、記号入力で違和感が半端なく、非常に使いづらいものとなってしまう。

この理由は、JIS配列とUS配列では数字とアルファベットだけに着目すれば基本的には一緒なのだが、各種記号の配置が大幅に異なることに由来する。また、各種キーボードの大きさや配置なども変わっているので、どちらかに合わせた方が良いのである。

なお、JIS配列とUS配列で記号の位置が異なるのは、記号における配列の違いに起因するものである。

US配列は英文タイプライターのQWERTY配列で一般的になったものがベース、JIS配列はそれをベースにシフトキーを押しても文字コードの下位4ビットが変化しないようになるように変更が加えられたというものになっている。

この記号の配列の違いで使用感が大幅に異なってしまうので、その点はかなり難しいところではある。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする