ブロガーに向いているかどうかは継続力が大きい

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ブログを運営してから3〜4年経ち、昨年ごろから毎日1記事を目安に書いてからあるアクセスは得られるようになった今日この頃、ブロガーに向いているかどうかはたとえアクセス数が伸びない状態でも、あきらめずに続けられるかにかかってくると考えている。

私は必ずしもなかなか成果が出なくても続けるというよりかは、短期的に成果を上げたい(と自己認識していた)という部分が大きく、それが災いしてか放置状態が続いていた苦々しい時代があった。とはいえ、自分の持っている知識や情報、あるいは考えを伝えたいということを考えたこと、それも1日1記事を目安に書くという決心をして、現在まで続いているということである。

これらを考えたところ、私は必ずしも短期的な結果あるいは利益に目が行くタイプというわけでもないようだった。

個人的な経験則から、短期的に利益や結果を求めるタイプよりも、しばらくの間は結果が出なくても続けられるというタイプの方がブロガーに向いていると言える。あるいは利益はともあれ、書くことが楽しいかどうかも重要になるのではないのかと考えている。

ブログを始めたのなら、まずは毎日1記事、あるいは最低でも週に1記事のペースでやってみるといいだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする