homebrew-caskの仕様が変わった

どうやら、Mac向けパッケージ管理ツール「Homebrew」のGUIアプリを扱った「homebrew-cask」のパッケージの扱い方に関する仕様が変わった模様である。案の定、警告メッセージがあったが、ツールの状況によってはかなり面倒な作業を強いられる模様である。

仕様の変更点

従来では以下のようになっていた。

  • homebrew-caskパッッケージをインストールした時、基本的には実体は/opt/homebrew-cask/Caskroomにインストールされていた
  • デフォルトでは~/Applicationsに実体へのシンボリックリンクが貼られていた1

これが以下のようになった。

  • 一時ファイルとして/usr/local/Caskroomにディレクトリーが作成される
  • 一部を除き、実体も通常のアプリのように、Applicationsにインストールされるようになった

私はどうしたか

私の場合は、Eclipseを除けば一旦削除した上で再インストールして問題のないもの、あるいはインストーラーを走らせるタイプのものがほとんどだったため、それを切り分けて、brew cask listで一覧を抽出、一旦rm -rf /opt/homebrew-caskで削除、その後、それを再インストールするという方式で対処した。

これはかなり単純な作業だが、管理上楽なため、通常はこれが一番無難だろうか。

最後に

今回のhomebrew-caskの仕様変更は地味につらいところではあるが、対処方法がコマンドラインでもしっかり出ているので、それに従って対応すれば良いだろう。こう言った突然の仕様変更は迷惑極まりないが、焦らずに対策とれば問題ないので、しっかりやっていこう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
  1. シンボリックリンクの作成場所は変更可能。homebrew-caskでよくあること(Qiita)を参照 []
スポンサーリンク

フォローする