長文記事は苦手

最近のブログ記事に傾向を見ているが、大体の傾向として600〜1,200文字程度の比較的短い記事がメインになっており、長文記事はそれほど多くないという傾向が出ている。私の場合、どうやら2,000文字をこえるような長文記事を書くのは苦手なようだ。

私の場合、スマホを使って記事を書くことが多く、その際にそれほど十分とはいえない画面領域で記事を書く関係上、どうしても記事の全体を把握しやすくするために、ぐだぐだと書きつらねるようなことを避ける傾向にあるのかもしれない。

また、スマホで記事を書くのはPCで書くのと比較すると、操作性に難があるため、どうしても長文を書くのには明らかにPCと比べて向かないという側面も非常に大きい。PCであればキーボードで配置を触れば大体把握できるが、スマホではタッチパネルであるため、それは事実上不可能に近いからである。

あとは、個人的には何らかのアフィリエイト記事のように、解決したい問題に対する対処策およびそのヒントなどを曖昧にしたり、最後の最後まで出さずに「これを買え」的な書き方はあまり好んでいないという部分もあるからである。

いずれにしても、長文記事を書くのはどうしても苦手である。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする