ArnoldC、おそらくシュワちゃんファン向けのプログラミング言語

各種ニュースを読みあさっていたら、「ArnoldC」というユーモアなプログラミング言語があった。これは、各ステートメントをアーノルド・シュワルツェネッガーの台詞で置き換えたようなものであるという。例えば、Hello worldを表示するには以下のようになる。

[code lang=”ArnoldC”]IT’S SHOWTIME
TALK TO THE HAND "Hello, world"
YOU HAVE BEEN TERMINATED[/code]

なお、各種ステートメントは全部大文字にしなければならない、さもないと「WHAT THE F*** DID I DO WRONG」1 といわれてコンパイルが通らないだろう。

ソースコードを読んだ限り、ArnoldCはScala及びJava Virtual Machineで実装されており、ArnoldCのコードもJava Virtual Machineで走らせられるコードに置き換えて動くようにしている模様である。

シュワちゃんファンにとっては楽しめる言語になりそうだな。

I’LL BE BACK!!

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
  1. 極めて低俗な単語が入っているため伏せています []
スポンサーリンク

フォローする