ClamAVデーモンは意外と容量を喰う

いろいろ事情があって、現在、当方の環境で動かしているサーバーにClamAVデーモンを使っているが、これが意外と容量を喰う。これは、常駐システムとして常にウィルス定義ファイルを読み込んでいることに起因するからだろう。

当方の環境では、VPSだが、物理メモリーは2GB、スワップパーティションは4GBの構成だが、ClamAVデーモンを有効にしていない場合は、物理メモリーは1GB使用という状態だが、ClamAVデーモンを有効にしている場合は、物理メモリーは1.3GB使用にまで跳ね上がる。

これはClamAVデーモンは常駐する場合、環境にもよるが、概ね300MB消費するということになるのだろう。これは物理メモリーが豊富にある今日の環境では問題はないが、メモリーが1GBしかないような環境では動かすのはあまり望ましいとは言えないと考えられる。定期スキャンもそれほど頻度が高くない場合はわざわざデーモンを使う必要も考えられないだろう。

したがって、ClamAVデーモンを使うかどうかは環境、及びその用途に応じて見極めるのが望ましいと考えられる。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする