日比谷線の車両入れ替えでどうなるか

東京メトロ日比谷線とその相互運用先の東武スカイツリーラインの普通電車として利用される車両の入れ替え開始が近づきつつあるが、このことでどういう影響を及ぼしうるのだろうか。

日比谷線で新たに導入される予定の車両は東武メトロ13000系、および相互乗り入れ先の東武スカイツリーラインの東武70000系だが、これは現行の営団03系および東武20000系とは大きく違う特徴がある。

これは、現行の日比谷線で利用されている車両が18m3ドア8両編成1 なのに対し、導入される予定の車両は20m4ドア7両編成と大型化しており、東武スカイツリーラインの4ドア車とのサイズ・ドアの位置が一致することになる。

ちなみに、日比谷線はその時代背景・経緯から18m車を使うことを前提に建設された路線であるため、一部区間では20m車が走ったことはあるものの、運用できるかどうか不透明な状態だった。もっとも、新型車両導入に先立つ調査で大規模な工事は不要という結論に至ったことから新型車両は20mとするということになったと考えられる。

今後、日比谷線の車両が20m4ドア仕様となることで、特に直通先たる東武スカイツリーラインではドアの位置の混乱は緩和される見通しが強く、快速・特急停車駅を除けばホームドア導入の障壁も緩和されると考えられる。

日比谷線の新型車両が楽しみである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
  1. 一部編成は5ドア []
スポンサーリンク

フォローする