Windows 10 Anniversary UpdateでBashが使えるようになったが・・・

Windows 10 Anniversary Updateで、ついにInsider Previewを除けば、Windows上でUbuntuベースのBash環境「Bash on Ubuntu on Windows」が使えるようになったのだが、現時点では落とし穴があることに気をつけなければならないようである。

<!–more–.

まず、現状のWindows 10が提供しているBash on Ubuntu on Windowsだが、まだベータ版の扱いであり、未完成であるということが明記されているということである。これは、まだ正式版という状態にはなっておらず、使い方にもよるが正常に使えない場合が多いということを意味している。

したがって、当面の間はテスト用途で使ってみるといったような、いわゆる「人柱」としての使い方をするのが現実的と言えるようなものである。本番環境で使うには心もとないので、当面の間はそういうような使い方は禁物だろう。

早く使えるようなレベルになることを期待したいところではある。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする