HTMLを書くのはテキストエディタでもできる

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

今見ているウェブページは基本的にはHTMLというマークアップ言語で書かれており、その内容は特定の書式で定義づけられたプレーンテキストである。もちろん、実際にはこのほかにもCSSやJavaScript、画像ファイルなどのファイルがリンクされているが、基本的にはHTMLがベースになる。したがって、ウェブページを作ること自体はテキストエディタでも行える。

さて、以下の内容のテキストを、作成してみよう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="mul">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>Hello</title>
</head>
<body>
    <h1>Hello</h1>
    <p>Hello,world</p>
</body>
</html>

これをhello.htmlとして保存 [1]この際、文字コードをUTF-8に設定する し、ウェブブラウザーで開くと、簡単なウェブページが表示されるだろう。このテキストファイルがウェブページの元となっているのである。現在見ているウェブページも基本的にはそれから発展していったものである。

もちろん、今日ではかなり高度な表現をするために、JavaScriptやCSS、画像ファイルなどの組み合わせを必要としており、テキストエディターでそれを行うのは至難の業ではあるが、是非とも覚えておきたいものである。

References

1 この際、文字コードをUTF-8に設定する
タイトルとURLをコピーしました