サブマリンブランチは困惑する

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

さすがにサブマリン特許ほどではないが、いままでローカルに保存されていたブランチが突然共有リポジトリにプッシュされて、プルリクエストが送られるという自体が発生すると、どっちを優先させればいいのか困惑する時がある。特に環境移行系の大きなプルリクエストを送った後に別のプルリクエストが送られると大困惑である。

ここでいう「サブマリンブランチ」とは、プルリクエストを送るまでローカル(あるいはフォークされた)ブランチに保持しておいて、プルリクエストを送る段階で共有リポジトリにプッシュするというものである。

もちろん、これ自体は多人数で参加しているときは往々にして発生するわけだが、多くの場合、正常にマージできるので問題になることはあまりない。

しかしながら、環境移行系などの根本的に構造が変わる可能性のあるものについては、多くの場合、競合を起こしたり、破壊的な変更が加えられたり可能性があるため、それ自身以外の全てのプルリクエストが終了してから行わなければならなくなるため、このプルリクエストが送られたら、次のプルリクエストを受け付けないなどの注意喚起が必要になることもある。
いずれにしても、サブマリンブランチは問題を引き起こす可能性があるので、できれば避けて欲しいところである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする