もうSubversionには戻れない

現在参画しているプロジェクトではGitを使っており、そこでバージョン管理を行っているが、Gitなどの分散型バージョン管理システムを使っていると、もうSubversionには戻れないと感じている。

まず、SubversionとGitでは集中型か分散型かの違いがあって、集中型ではその弊害が大きいというのはいうまでもないのだが、ブランチの考え方そのものが違っている。Subversionではディレクトリーを使ってブランチを使って疑似的に分けているが、Gitは本当にブランチになっている。

個人的にはマージのやりやすさが段違いだった。Subversionでは競合が起きたりすると非常に面倒だが、Gitでは万一マージに失敗しても、マージする前の段階に戻すことができる。

いずれにしても、Gitを使って、いかにSubversionで面倒な目にあったのかが分かった気がする。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする